エギング

 

ツツイカ

ika_01.jpg一般的に細長いイカを総称して「ツツイカ」と呼んでいます。
このツツイカは、船に乗って釣るイメージが大きいのですが、実は岸からも狙って釣れる時期と場所があるのです。
ika_02.jpg
アジやメバルを狙って夜に常夜灯付近で釣りをしていて、このツツイカを目撃したり、もしくはアジ用のワームやプラグに抱きついてこられたりした人も多いのではないでしょうか。


ika_03.jpgそういった体験から、五目ジグヘッドエギというリグを作成することになりました。

ika_04.jpg
三色のワームと1種類のヘッドのセットでパッケージング。
釣り場ですぐに結んで投げて釣ることが可能です。


コンセプト

ウルトラライトエギング

ika_05.jpg高感度のアジ、メバルタックルで五目ジグヘッドエギを使えば、小さなアタリで有名なツツイカの微細なアタリを楽々感知可能です。

6~7ftのアジ、メバルロッドに1~2000番の小型スピニングリールを装着。
感度が良く、細さの割りに強度が高い0.1号前後のPEラインを150m巻いて、3~5lbのフロロリーダーをノーネームノットか電車結びで組んで先端に小型スナップ。
これで準備完了となります。
足元の明かりの下で釣れる場合は、3lb前後のナイロンやフロロライン直結でも平気です。
使いなれたタックルでそのままツツイカを狙ってみましょう。

若いスルメイカ(麦イカ)

ika_06.jpg梅雨時期に各地で釣れる若いスルメイカは近畿、瀬戸内をはじめ各地で楽しまれているツツイカです。
胴体が指2本から3本サイズですが、とにかく大きな群れで捕食回遊してきますので、ウルトラライトエギングの入門としては格好のターゲットとなります。

スルメイカ(親サイズ)

ika_07.jpg胴体が30センチオーバー。
場所によっては1kgにもなるツツイカです。
麦イカが成長してこのサイズになっていきますが、比較するとメスの方がオスより大きいようです。
スルメイカの分布は幅広く北海道から九州まで。
そして冬に向けて沿岸域を南下。
群れで大移動するツツイカです。
性格が獰猛なのか強いアタリでJHエギを引っ張っていくので、ツツイカの中ではアタリが分かりやすい存在です。

ケンサキイカ

ika_08.jpg非常に甘みのある食味のツツイカです。
岸から釣れるサイズは程よく大きいためファイトも充分に楽しめます。
日本海側では、ケンサキイカも北から次第に南へとシーズンが移動していきます。
後述するヤリイカと比較すると胴体が太く、脚部も太く長いので慣れればすぐに見分けがつきます。
ika_09.jpg最大は胴寸で40センチ。
本州中部以南に多く見られるツツイカです。

ヤリイカ

ika_10.jpgスルメイカ、ケンサキイカと比較すると胴体は細長く、脚部は短く細いイメージのイカですが、非常に繊細でクリアな味わいのため人気の高いターゲットとなっています。
最大胴寸が30センチ。
墨を吐く量がほかのツツイカに比べて極端に少ないため船で釣って、海水に酸素補給をしながら活かした状態で持ち帰る人も居るほどです。
ika_11.jpg北海道南部以南、九州まで幅広く分布しています。

ヒイカ

ヤリイカの握り      ヤリイカの握り胴寸10センチ前後の小型のツツイカです。
北海道南部以南、九州に分布する穏やかな内湾に生息するタイプです。
ヤリイカの握り      ヤリイカの握り水深1~10mに多く、春から夏に産卵。
シーズンは夏と冬場の二大ピークがあります。

釣り方

基本は夜の釣りで、日没後に常夜灯に照らされた海面に集まる小さな小魚を狙って回遊してくるツツイカを狙っていきます。
ika_14.jpg
時に、海面に群れで浮いて泳いでいたり、小魚に襲い掛かったりしているツツイカを目撃することがあります。
こんな時は、GJHエギのシャロータイプ(プラヘッド)をツツイカの群れから離れた位置に静かに投げ込み、ツツイカの群れの進行方向に引っ張ってくる感じでコース取りしましょう。
誘い方は、早巻き、一瞬のステイ。
もしくは、小さくジャークしてGJHエギを左右にダートさせつつ一瞬ステイ。
ツツイカが驚いて少し沈んでしまったらツツイカの群れの上で上昇ダートさせてステイ、テンションフォールを試してみてください。

ika_15.jpg残念ながら、海面に浮いている群れが居なくても諦めてはいけません。
中層、海底に潜んでいたり、移動している群れが居ることがあります。
基本は、ツツイカの上でアクションを入れて、ステイ、テンションフォールさせて釣っていきますので、まずはGJHエギを投げて着水。
2~3秒沈めて、ロッドティップを軽く弾くように動かしてGJHエギをフワフワと動かします。
その後はロッドを斜め上方向に向けて止め、テンションフォールで沈んでいくGJエギに抱きついてくるツツイカを待ちます。
ika_16.jpgアタリが出なければ、再度アクションを入れてフォール。
こうやって海面から、下に向かってツツイカを探していきましょう。

フォールはテンションフォールだけではなく、時にロッドティップを沈むGJHエギにあわせて下げていき、斜め軌道から真下へと沈む角度を変更させるのも有効です。
ツツイカも魚同様に軌道変化にリアクションバイトすることが多いので、ぜひお試しください。
シーズンになると足元は墨だらけ。
これを嫌う港や管理組織も多いので、抜きあげたら即袋に入れるか、墨を吐かれたら水汲みバケツで海水を汲み、素早く洗い流しておきましょう。
貴重な釣り解放区を、釣り禁止にしないためのアングラーのマナーです。

アオリイカ

サーフエギングのススメ

ika_17.jpg広大なサーフでアオリイカを釣ってみましょう。
釣り人の入れるスペースは無限。
開放感たっぷりのロケーションで思う存分にエギングが楽しめますよ。
ika_18.jpg
春は大型が狙えるサーフもたくさんあります。
時には、2kgオーバーのアオリイカが抱きついてきてビックリすることも。
ika_19.jpg
ライジャケを装着し、バッグにエギボックスを収納してタックル1セットで出かければ、すぐさま楽しめる手軽さ、気軽さもサーフエギングの魅力です。

ika_20.jpg
サーフにも様々な形状があります。
複雑にいろんなものが組み合わさっているサーフだとベイトが集まりやすく、それを狙ってアオリイカの回遊頻度が高まります。
海藻、沈み根等が多ければ、アオリイカもそこで休憩していることも多いのです。
ika_22.jpg

百海(どうみ)サーフ スイミングスペシャル

ika_23.jpg     百海(どうみ)サーフサーフ等のシャローフラットなフィールドで簡単にアオリイカを釣るために開発されたエギです。
17gで2.5号という飛距離を重視したつくりです。
海底まで沈めると顎の部分のシンカーが支点となり、尻上がりの「シャチホコ姿勢」をとるので、投げて沈めておけば海底でユラユラと揺れてアオリイカを誘ってくれるのです。
ika_24.jpgゆっくりとリールのハンドルを巻くと、お尻を振りながら海底を這うようなイメージで移動。
お尻が浮き上がっているため傘針が海底の岩に引っかかることがありませんし、海底に沈んでいるちぎれた海藻を拾うこともありません。
この姿勢は、海底をズル引いてアオリイカを誘うには非常に適した状態なのです。
ika_25.jpg
サーフや足場の低いフィールドならモンスターサイズが抱いてきても、ネット不要で引きずりあげることも可能ですから、想定外のサイズが釣れた時も安心です。

釣り方

フィールド

穴場のサーフを筆頭に、ごろた浜、小磯、河口干潟、リーフ、小規模な漁港や浅い水深でのボートゲームで狙ってみましょう。

時間帯

シャローによってきやすいタイミングの夜明け前から夜明け後1時間、夕暮れ以降夜間がお勧めです。

タックル

シャローフラットなフィールドは、遠投して広範囲を探りたいところです。そのため、8~9ft(2.4~2.7m)のミィディアムライトクラスのエギロッド、もしくは、巻きの釣りに特化したシーバスロッドに、2500~3000番クラスの中型スピニングリールをセット。

秋、シーズン開幕時は0.4~0.6号のPEラインに、7lbのフロロカーボンショックリーダーをセットして使います。

次第に、サイズアップしていきますので、晩秋~冬場には0.8号と、8~10lbのフロロカーボンショックリーダーといった具合にラインのパワーアップを図りましょう。

釣り方

ika_26.jpg百海サーフ スイミングスペシャルの釣り方は、着水と同時に小さくロッドティップを2~3回動かしてからのただ巻き、そして5~6回リールのハンドルを回したら、再びロッドティップを小さく動かすの繰り返しです。

この動作を着水直後の水面直下で試してみたら、次は着水後、5秒沈めて、その次は10秒沈めて、最後は海底まで沈めてからアクションと巻取りを開始することが基本となります。
ika_27.jpg
ただ巻きの最中、百海サーフは「S字スラローム」という右往左往する軌道で一定の深さで泳ぎます。
これが「スイミングスペシャル」といわれる所以です。
このエギは投げて巻くだけでもアオリイカを釣ってしまうのです。
ika_28.jpg
アオリイカが抱きたくなる刺激も時には必要です。それが着水直後や巻取りの最中に入れるロッドアクションなのです。小さく2~3回しゃくることで、エギがキビキビした動きで左右にダートしますので、この動きに反応したアオリイカが寄ってきて、その後のスイミングもしくは、フォールの最中に抱きついてしまうといったイメージで操作してみてください。
ika_29.jpg
海底でズルズルと引きずってくると、特に大型が釣れる可能性が高まります。

サーフで釣る、スイミングで釣る。どちらの釣り方にも使えるスイミングエギで、秋冬、そして春の大型アオリイカをぜひ狙ってみてください。