ヒラメ・マゴチ

ヒラメ・マゴチ

flat_01.jpg最大1mにまで成長するといわれるヒラメと、マゴチ。
一般的には60センチ前後のサイズであれば大満足なターゲット。
共に海底にへばりつくような体型で海底に潜み自分たちの上を通過する小魚に襲い掛かる魚です。
flat_02.jpg白身の筋肉でパワー満点。
大きな口で、大き目のルアーでも平気で食いついてくれることも多いので爽快感たっぷりのゲームが楽しめます。



ヒラメ

flat_03.jpg全国各地の砂泥底に分布。
夜行性の傾向が強いため一般的には日没前後と、日の出前から日の出後数時間に集中して狙うことが多いです。
flat_04.jpg昼間の休憩中は、砂泥に身を潜めたり、海底のわずかな凹み部分に隠れています。




タックル

flat_05.jpg使いたいルアーや釣り方、釣り場の地形的特長によって調整が必要です。
例えば、サーフや河口干潟でも水際から狙うか、ウェーディングして狙うかでタックルを使い分けます。
ウェーディングの場合は、潮位が下がれば沖に向かって移動できるので、7~9ftのロッドに、3000番程度の中型スピニングリールで狙えます。
ウェーディングの場合は、魚をよせた時にロッドが曲がってくれないと取り回しが悪いので、胴調子気味のタイプを選んでみましょう。
水際から、ドンと深くなる地形や、うねりが大きく水際にまで近寄れない場所や状況の場合はロングロッドが必要になります。
9~11ftを目安に各自の体格や体力に合わせて選んでいきましょう。
この場合は、4000番前後の少し大きめの中型スピニングリールがお勧めです。

ラインは、PE0.8~1.0号、150m~200mを基準に、リーダー20~20lbを1~1.5m。
サイズが大きい場合は、PE1.5号、リーダー20lbで万全の体制を整えましょう。

ヒラメ攻略のルアー

flat_06.jpgミノープラグ、バイブレーション、スプーンジグ、メタルジグ、アイスジグ、ソフト系ルアーを揃えておきたいところです。
例えば、スリムロングの12センチ。
マックスラップロングレンジミノー(MXLM12)だと、細長く空気抵抗が小さいボディで、移動式の高比重のタングステンウェイトボール搭載なので、かなりの飛距離を稼げて広範囲を探ることが可能です。
思い切り投げて、着水と同時に小さくジャークを入れ、水になじませてからただ巻き。
これで、足元までしっかり探りつつ、少しずつ移動して居場所を探していけば、どこかで強烈なアタリを捕らえることが可能です。
他にも、ただ巻きでヒラメを誘えるルアーとしてはエックスラップ(X-RAP)、アドラシオン(ART)、ソーランリップレスミノー(SRLM)等がありますし、飛距離抜群でボリュームを抑えた形状のカウントダウンアバシ(CDA)エックスラップカウントダウン(X-RAP CD)といったシンキングタイプも活躍してくれます。

マゴチ

flat_07.jpg姿形はヒラメと異なりますが、これまでご案内した釣り方で同じように釣れるのがマゴチです。
違いとしては、初夏~夏にかけて、産卵を意識した群れが湾の奥の浅場に大量接岸してくること。
性転換を行い、大きいサイズはメスばかりだということでしょう。
flat_08.jpgタックルやフィールドは、ほぼ同じ。
使うルアーも誘い方も似たような感じです。

投げて巻くだけ。
マゴチの場合は、ただ巻きだけでなく、強烈なジャークとステイの組み合わせを巻いている最中に何度か入れてみると反応がよい場合があります。
flat_09.jpgまた、海底のずる引きや、メタル系のルアーでボトムでのリフト&フォールも有効ですので、いろんな誘い方を試してみてください。
flat_10.jpg
ウェーディングの際、手前で激しく暴れるため装備として、グローブ、ネットを用意しておいたほうが安全です。
ネットですくって、フィッシュグリッパーで固定し、8インチ程度の長めのプライヤーを使用して、フックを安全に外すように心がけてください。
マゴチの首振りは非常に強烈なため針を外そうとして怪我をしてしまう人が多いのです。

身動きがとりにくいウェーディングでは
特に用心してください。

flat_11.jpg

flat_12.jpg