クロダイ・キビレ

クロダイ

chinu_01.jpg北海道南部以南、南西諸島以外の日本全国で狙えるターゲット。
最大50センチの体高さが高く瞬発力が強い魚です。
雑食性で、エビ・カニ等の甲殻類や、小魚、壁際の貝類等を捕食し、いろんなタイプのルアーで釣ることが可能です。
春から夏にかけて産卵。
三歳魚以降、雌雄がわかれ産卵活動に加わっていきます。
生息場所は沿岸から河川、河口域。
サーフや磯でも狙えるターゲットです。

キビレ

chinu_02.jpg西日本に多く分布するクロダイの仲間で、ヒレが黄色がかって、体の銀色が強いタイプです。
クロダイより汽水域での出現が多く、好奇心旺盛でルアーへの反応がよい魚です。

タックル

クロダイ、キビレゲームの人気が上昇すると共に専用のロッドも多数出てきていますので、その中から選んでもよいですし、都合のよい長さのロッドがあれば、バス、エギ、シーバスロッドで狙っても構いません。
長さは、足場が低く小場所であれば6ft前後。
足場が高かったり、飛距離が必要な場合は9ftまでの長さから選んでみましょう。

最近では、足場が低く、ストラクチャーが少ない場所だとメバルロッドに超極細ラインのセットで狙うアングラーも増えてきています。

釣れるサイズは、手のひらサイズから50センチ近いものまで。
アベレージサイズと、使用したいルアーとのバランスがよいものを組み合わせて狙っていきましょう。
クロダイ、キビレの40センチオーバーは、けっこうなパワーの持ち主です。
入門編としましては、8ft前後のエギロッドMLクラスに、2500~3000番程度の中型スピニングリールに、PE0.8号を150m、リーダー16~22lbを1m程度セットして、頑丈なスナップを結びましょう。

ルアーと釣り方

chinu_03.jpgポッパー、ペンシルを使用すると海面から背びれを突き出してお尻のフックに噛み付いてくることもありますし、いきなり海面が炸裂してお腹に噛み付き水中へと引きずり込んでいくこともあります。
3~9センチ程度のトッププラグを用意して、アクションとドリフトを組み合わせて、海面炸裂を楽しんでみましょう。


chinu_04.jpgミノーのただ巻き、早巻き、ストップ&ゴーで中層を狙っていると思い切り食いついてくれることも多い魚です。
CD1~9SCRCD5~7、GOMOKU系のミニプラグ各種で巻くだけで釣ってみてください。


chinu_05.jpg海底に沈めて巻くだけの狙い方でも良く釣れます。
CDのお腹のフックを外して、ガン玉を装着。
海底をズル引いて食いつかせる方法もお勧めです。

chinu_06.jpg

最近では、海底ずる引きに最適化したルアーも登場しています。
GBT(五目ボトム)は、その一例です。



投げずに釣る方法もあり

chinu_07.jpgクロダイ、キビレは、足元の壁際に付着している貝類を捕食することも多く、ルアーを投げずに釣ることが可能です。

ブレード系、小型バイブレーション、五目ボトムを壁際に垂らして、テクトロや、ルアーを沈めながら移動して、途中から壁際から離れすぎないように巻き取ったり、沈めたり。
これで、ガツンと食ってくることも多いですよ。