2016年9月のお勧めルアー

五目カフェ(GCF)

images.jpgすでに今年の夏タチフィーバーで、今シーズン初のタチウオを釣られた方も多いのではないでしょうか。
タチウオは神出鬼没、気まぐれなターゲットなので昨日は爆釣、今日は沈黙。
september_01.jpgさっきまでの10分間は連発、いきなり消沈。
延々と当たり続け・・・と、状況は様々です。
そんな気まぐれなターゲットですので、釣れる時に、効率よくガッツリ釣っていきたいものです。
大阪湾では、ワームのダート釣法が確立され大人気。
ここ数年は、アングラーの皆さんが、さらなる可能性を追求してメタルジグやアイスジグ、バイブレーションやシンキングミノーといったハードルアーでタチウオを狙われているのを弊社スタッフも現場で多数目撃しているとのことです。
september_02.jpg
さて、慣れ親しんだジャークによるダート釣法から、急に違う釣りをするとなると、戸惑うこともあるかもしれません。
そこで、ワームによるダートの釣り方とほぼ同じノリで操作できるハードルアーをご紹介いたします。
september_03.jpg
それがGCF五目カフェです。
サイズは二種類。
105ミリ、28gと、90ミリ、20gです。
それぞれ、タチウオの反応がよいグローカラーを各種取り揃えております。
カラー選択の一つの考え方として、濁りが強いエリアではグローメイン、透明度が高いエリアだと、特に夕暮れ時はUVクリアが絡んだカラーが効果的。
現場の水質状態でカラーを使い分けてみてください。
september_04.jpg
操作方法は、着水後5秒、もしくは10秒沈めて水になじませてから、ロッドをふんわりと上方向にジャークして1,2,3・・と数えてから、再びジャーク。
september_05.jpgこれの繰り返しです。
五目カフェに限らずハードルアーはわずかなジャークの力でスパッと水を切り裂いて長い距離のダートを演出できるので、エギやワームのジャークの釣りほどは強く連続で何度もジャークをする必要がありません。
ゆったりジャークしているのに水中では、切れのあるダート。
これがハードルアーのダートアクションの特徴となります。
september_06.jpg
五目カフェは、おなか側の水抵抗が大きい設計ですからダート後、緩いカーブ軌道でゆっくりと沈めることが可能です。
ジャーク後、最低でも2秒ほどラインを緩めてロッドを固定してカーブフォールを演出させてください。
september_07.jpg
アタリは、ジャーク後、1〜3秒以内でゴツゴツとか、ガツガツといったかじられる感触で伝わってきますので、素早くシャープにアワセを入れて、一定の速度で巻き取ってください。
september_08.jpg
リアのアイレットにリーダーを結び、そこに発光体を装着して、ホタル作戦も有効です。
日没までは、発光体の代わりにブレード装着も好反応。
各自で、いろんな工夫でお楽しみください。