フィッシング ライン

ラパラジャパン取り扱いラインについて

topics_01.jpg弊社取り扱いラインの種類は、大きく分けてPE系とナイロンの二種類があります。
釣りに初挑戦であれば、まずはナイロンラインで慣れていくと快適かもしれません。
このラインは、適度な張りとしなやかさ、伸びがあり、太さにもよりますが多少の擦れには対応可能な存在です。
超極細でない限りは、先端にショックリーダーを結ぶ必要が無く直結で使用できるので、慣れるまでが大変なラインシステムを組む必要がありません。
例えば、漁港堤防の壁際狙い、もしくはちょい投げでルアーを引っ張るか、巻いて動かして釣るとします。
ナイロンラインの3~4lb(1号前後)を使用すれば、五目ミノー等を直結(クリンチノット等)しても平気です。
topics_02.jpgエリアトラウトや、海のライト系では1~3lbといったかなり細いラインを使用することが多くなります。
時には、想定外の大物が釣れてしまうこともありますが、21~40%の伸び率がタックルにかかる衝撃を吸収、ラインブレイクのリスクを回避してアングラーをサポートしてくれることになります。
初期の伸び率21%のラピズムモノは、1~8lbで150m巻き。
2.5~20lbで300m巻きのお買い得品がマルチゲームナイロンとなっております。
topics_03.jpgもう一つが、複数本のファイバーを編み込んだPEライン。
ラピノヴァシリーズは4本編み、オクタノヴァ・8Xとサフィックス832の0.8号以上は8本編みで構成されています。
このラインの特徴は、引っ張り強度の割りに糸径が細く出来ることと、伸び率がわずか4%しかないことです。
同じサイズのリールに、同じ強度であればPEラインの方が細いのでたくさん巻き込めることになりますし、細さのメリットとして飛距離が出る、素早く沈められる、遠くや深い場所でのわずかな変化を感知しやすいということが体感できることでしょう。
糸質は非常にしなやかですので、投げる、巻くの際に少しテンションをかけるように気をつけておけば、大きなトラブルにはなりません。
topics_04.jpgなお、PE系のラインはショックリーダーを結んだほうが便利です。
ナイロンか、フロロリーダーをノーネーム、電車結び、8の字結び・・等各種の方法で結んでみてください。
そうすることで、衝撃吸収能力が高まりラインブレイク回避につながりますし、張りの強いリーダーがあることでルアーとの結び目部分が絡んだりせずに快適に操作できるようになります。
topics_05.jpg
それぞれの特性を理解して、状況に応じたラインを使用することで快適に釣りが楽しめるようになります。
大から小サイズ、ルアーやリグのサイズや重さ、使用するタックルによって同じ魚なのに使うラインが変わってくることもあります。
釣具店さん、釣り仲間の皆さんと相談されながら、適材適所のライン選びをお楽しみください。


ラピノヴァ・X & ラピズム・X シリーズ、日進月歩の改良

ラパラ社のPEラインは、時代の要求にその都度、対応できるよう日々改良を加えてきています。
「価格据え置き」が可能な範囲での企業努力と生産拠点での日々の研究成果の反映。
テストサンプルは徹底したフィールドテストの繰り返しを実施し、生産工程と製品にフィードバック。
topics_06.jpg結果、「あれ、なんか変わったかな」といったリピーター様からのお声をいただけるほど、日進月歩の改良の積み重ねを何度も実施しています。

現段階の製品版におきましては

1.静音性の追求
ラインと、ガイドやラインローラーとの摩擦抵抗をより小さくし、糸鳴り音を小さくすることで、キャストやリトリーブ、ジャーク時のストレス解消を極限まで目指しています。

2.紫外線劣化への対応
長期使用や長時間、太陽光線を浴び続けても、できるだけ長く初期状態を保つよう調整をしています。

3.お手頃価格と、快適性、信頼感
PEラインの取り扱いには少し慣れが必要です。
まずは様子を見て試してみたり、もしくは、高頻度の釣行で消耗が激しいため短期間で巻き換えて、常にフレッシュ状態を保つほうがベターと判断される方には、基本性能がしっかりして、尚且つお買い得価格設定なPEラインの存在が重宝されているようです。
それらの要因が、多くのリピーターの方々に支持され続けている安心感も選択要素の一つでしょう。
PEラインに充分慣れてから、付加価値と価格が高いPEラインへチャレンジする。
そんなアングラーの皆様に安心して使っていただけるよう、今後も日進月歩の改良に取り組んでまいります。
topics_07.jpg
4.GOMOKU釣りに安心なPEラインの理由
フィールドやシーズンによっては、本命以外の思わぬ大物や引きの強いターゲットが釣れてしまったり、本命ターゲットとスリル満点で楽しめるバランスで、不意の大物がヒットした場合、残念な結果になることもよくあります。
PEラインの特性である引っ張り強度の割りに細く仕上げられる点を有効活用して、操作性を確保した上で細くて強いPEラインを使っていれば、まさかの遭遇にも安心して対処できることも多いのです。
フィールドについてすぐは様子見でPEラインタックル、本命はスリル満点バランスのタックルの二刀流で、かけたターゲットは逃さずキャッチを目指してみてください。

5.超極細PEラインとの付き合い方
PEラインは、瞬間的な衝撃、摩擦熱、結ぶときの少しのコツ、擦れに対しては、その細さと伸びの少なさが仇となることがあります。
細くなればなるほど、PEラインは慎重に、丁寧に扱ってあげれば、そのメリットを最大活用可能です。
伸びが少ないので衝撃を吸収するためにドラグを弛め、伸びるリーダーと組み合わせ、ノットを組むときはラインを湿らせて、ゆっくり均等に力を入れてやさしく丁寧に締め込み、空中と水中両方での障害物に対する擦れにすぐに気付いて、擦ったら迷わず切り捨て、結びなおすなどして、常に快適な状態でゲームをお楽しみください。


HOW TO FISH

海釣り

淡水釣り

季節のお勧め

2015年
 11月
 12月
2016年
 1月
 2月
 3月
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
 10月
 11月
 12月
2017年
 1月
 2月
 3月
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
 11月
 12月
2018年
 1月
 2月
 3月
 4月

推奨商品