Rapala catalog 2017
43/108

42STORMVMCBLUE FOXLUHR JENSENTRIGGER XNORTH CRAFTRAPALA海底か、もしくは壁際といったお決まりの位置で釣る事が出来るボトムのロックフィッシュ。その中でも、全国的赤丸急上昇中のロックフィッシュ。人気沸騰!サゴシ・サワラ&ブリ。魅惑の沖縄フィールドに毎月遠征するアングラーの多さに驚かされます。一度、体験すると引き返せないお手軽さと、難攻不落のシビアさ、両面でアングラーを魅了し続ける沖縄のトロピカルフィッシング。GT、マグロ、巨大なハタ類やカジキといった超ビッグゲーム以外のシャローゲームを機会があればお楽しみください。甘くはないパワーと知恵を持ったターゲットが待ち構えていますよ。トロピカルフィッシュを求めて。サーフや干潟、磯際、漁港に釣り公園と、分布エリアならどんな場所から狙っても釣れる可能性に期待してしまうヒラメとマゴチ。人気上昇と共に、ポイントや攻略パターンも解明されつつあり、まだまだ可能性は広がる傾向にあることも事実です。海底付近をズル引きや、小幅なリフト&フォール、時にはルアーを海底にぶつけて跳ね返った瞬間にガツンなマゴチ。これに加えて、少し海底から浮かせてただ巻き、ジャーキング、リフト&フォールで誘うことも有効なヒラメ。貴重なヒットを目指して狙ってみませんか。フラット人気もエリア拡大中。してスローただ巻き等々。こういった垂らして誘う釣りには、やはり五目ボトムは欠かせないアイテムとなります。五目ボトムでシャローサーフや、河川でボトムをゴツゴツとノッキング。壁際攻略にも一押し。に分布している魚といえばカサゴ。各地の放流効果により資源量は圧倒多数。そして、釣り人に優しい素直な反応。リグをきっちり海底まで沈め、その場で揺らめかせたり、底ズル、時々ボトムバンプや、低空飛行のリフト&フォールをすれば釣れてしまいます。もちろん、時合の影響は受けますが、ほぼほぼ目の前にルアーを通せば食ってくる。そんなカサゴで腕試ししてみませんか。五目シュリンプ2インチとジグヘッドから始めてみて、地形やポイントの癖を把握したら、素早くボトムサーチが出来るメタルジグ、一筋縄では反応しない時のとっておきがアイスジグのF8アクション。カサゴの頭上で、逃げ惑うベイトを演出して、浮かせて食わせてみてください。ポイントによっては8号でフルロックといった場合もあるほどの頑丈タックルが必要になってきます。水深が深ければメタルジグが手返しよく勝負が早いのですが、青物は時としてジグに見向きもしないことがあるのも事実。そんな時は、素早く沈んで、飛距離抜群なスイミングバッチリのSo-Runヘビーウェイトミノーが大活躍してくれることでしょう。また、サゴシも人気沸騰中のターゲット。まずはお手ごろなサイズでサルアーに好反応なサゴシで練習しながら、夢の大物を狙ってみるのもおススメです。青物といわれるブリはかなり広範囲で狙えるポピュラーターゲット。エリアによってはカンパチやヒラマサも釣れるので一度は釣ってみたいターゲットです。本気で狙っていくならショアジグロッドに6000番以上のリール。サイズによりますがPEの2~4号。海底からわずかに浮かせてツンツン、ステイでガツン。ショアジギングで人気沸騰中のサゴシ。大型サワラに成長すると1mを超えます。マイクロベイトパターンが多い沖縄。ウルトラライトミノーで人気のタマンキャッチ。

元のページ  ../index.html#43

このブックを見る